フミコの日常・泡のような日々

クローン病をもつ社会人のブログです。健康のこと、仕事のこと、家庭のこと、キャリアのこと、なんでも思ったことを書いてます。

7/29 書くことをはじめる

ふと気付いた。僕がずっと書けないのは、研究をしなければいけないと考えていたからではないか。ここでは、「考える」ことと「書く」ことの思い違いがあった気がする。僕は、研究をすること=考えることであり、その結果を書くものだと思っていたが、書くこと=考えること=研究することなのかもしれない。とくに、人文科学や社会科学の仕事においては。だから、8月からの1か月間は、「書く」ことに主眼を置いて過ごしてみようと思う。ちょうど、入院でまとまった時間を作ることもできる。

僕の考えが変わったきっかけは、妻に「パーツでいいから考えたことを文章にしてみたら?」と言われたことだ。かつて指導教員もそのようなことを言っていた。それに加えて、自分の今後の人生について、いわゆる研究者にもなれないし、かといってサラリーマンの世界で競争に勝ち残ることも想像しにくいから、せめて物書きのような仕事ができたらなあ、と思ったこともある。僕の焦点が、「研究する」ことや「稼ぐ」ことから、「書く」ことに変わったため、すんなりと発想の転換を受け入れることができた。

修了についても将来についても不安があるが、まずは「書く」ということの一歩目を踏み出してみよう。