フミコの日常・泡のような日々

クローン病をもつ社会人のブログです。健康のこと、仕事のこと、家庭のこと、キャリアのこと、なんでも思ったことを書いてます。

10/28 休職日記②また、前向きに

最近は、週一回心療内科に通いながら、転職活動をしたり、Rを独学で勉強したりしている。休職によって、妻と一緒にいる時間が増えたことは望ましいことだ。その一方で、僕の転職活動の難しさも感じながら、一進一退している。

 

ある転職支援エージェント会社は障害者採用を専門にしており、そこの中途採用担当と会って話す機会があった。僕がつらつらと転職理由を話し、後日エージェントが会社に伝える転職理由を僕に確認のため送ってきた。そこには、まるで僕が生来の鬱病患者で、社会的弱者だから誰かの庇護がなければ生きていけないのでどうか雇ってくださいと言わんばかりの内容が書いてあった。僕はそれを読んで、怒りとともにその人間と付き合いを断つことを決めた。彼女は、きっと社会的弱者然とした障がい者に慣れすぎているのだろう。

 

先日の失敗をふまえて、今日会ってきた一般採用の転職支援エージェントには、意図的に前向きな理由を強調して述べた。結果として、良い印象を与えることができ、良好な関係を結ぶことができた。(およそ人事やマネジメントに携わる者で、ピグマリオン効果を念頭に置かない者は愚かだ・・・)僕がしたかったのは、単なる印象操作ではなく、自分の中の前向きな判断や思考を強く掴み、それに共鳴する仲間を作り、その仲間に助けてもらう行為だ。

 

今日のエージェントには、今の会社・部署にいても任される仕事が小さいだけでなく無意味かつ気まぐれに発生しているため、ここにいるくらいなら退職してプログラミングでも学んだ方が20代後半の過ごし方として有意義と判断し、年内には次の転職先が決まっても決まっていなくても辞めるつもりである、ということを伝えた。産業医の配慮により期間が先に延びたものの、最初からそのつもりで辞めることを決意していたので、決意と覚悟を持ってそう述べることができる。

 

それでは、10月末ではなく12月末まで延びたことは、単なる時間稼ぎとしての意味しか持っていなかったのか?僕は、そうは思わない。生まれて初めて心療内科に通い、軽度の精神安定剤を処方してもらったことで、10月頭に勢い退職しようとしていた自分が、心身ともに消耗しきっていたことに気付かされた。まず、精神安定剤によって、不眠症から抜け出すことができた。さらに、起きている間中感じていた恨みと悲しみの感情を持たずに過ごすことができるようになった。これまでの僕は、そのせいで思っていた以上に常に疲弊していたのだった。

 

読者は、心療内科と精神科の違いや、適応障害神経症鬱病の違いについて、明確に述べることができるだろうか?

 

僕はできる。この経験を経て、できるようになった。正しく知ることは、正しく人に接することにつながる。僕は、これからこれらの違いについて決して偏見を持たずに済むことができるようになった。身をもって経験し、そのうえで強く生きたいと願ったからだ。

 

今後の転職活動のスケジュールは、11月中旬頃から書類選考の結果が出始めて、面接で忙しくなるのは11月下旬からだろう。年内に決まれば御の字だが、決まらなくてもいい。決まらなかったら、修論の続きをやるなり、もっとRやPythonに詳しくなるなり、しばらく好きな勉強をして過ごすつもりだ。そのように過ごすほうが、不毛な職場で永遠にエクセルのフォーマットをいじり続けていたり、部長の気まぐれな暴言に心を委縮させているよりも、有意義な20代の過ごし方だと確信をもっているからだ。

 

今日は素敵な出会いの連続だった。

まず、僕の弱さではなく強さを理解してくれるエージェントに出会ったこと。その後、愛する妻とともに、二子玉川に夜を楽しみにいってきた。100本のスプーンという名のファミリーレストランで、誕生日みたいに美味しくて遊び心のあるディナーをおなかいっぱい食べてきた。その次に、僕の冬服がないというので、H&Mにコートと何点かの服を買いに行ってきた。そして、プライベートでまともな鞄を持っていなかったので、何店か回った結果、マザーハウスが生産した、こだわりに満ちた鞄を購入した。この鞄は僕のお気に入りだ。

 

妻は、「新しい自分を作る時期だから、新しいファッションを用意してあげたかった」と言った。今日から装い新たに、もっと素敵な自分になれるような気がする。

 

二子玉川の蔦屋書店、ここもお気に入りの場所なんだけど、良い本にも出会った。知っている人がいるかもしれないが、著者は高校時代をアメリカで過ごし、ひたすら筋トレを極めたツイッタラー。ずっと僕に必要だったエッセンスの一部を簡潔にまとめた一冊だ。妻は、マザーハウス創業者の自伝を読んで、波乱万丈な人生に驚き続けていた。

休職期間中に読んだ本については、またどこかの機会に紹介したい。

 

会社に入ってからずっと、正しい方向が見えずに苦しい時期が続いていた。いや、会社に入る前、大学院にいる時からかもしれないし、あるいは大学時代もずっとだったかもしれない。僕の精神は、高校時代や浪人時代に乗り越えられなかった壁の前で、ずっとずっと、足踏みし続けてきた。

今やっと、その地点を乗り越えられる道標が見えた。大学に入って以来、いまだかつてないほど、心が前向きなエネルギーに満ちている。幾多の苦悩や試行錯誤の末に、「適切なマインドセット(の組み合わせ)」を掴みつつある。

現実的な制約や不運、不調はもちろんあるだろう。

それでもなお「人生うまくいくだろう、きっと」という確固とした自信を今の僕は持っている。

この日この契機、この試練に感謝したい。