東北生まれの冷え性金融マン・フミコの日常

クローン病をもつ新社会人のブログです。健康のこと、仕事のこと、家庭のこと、キャリアのこと、なんでも思ったことを書いてます。

7/2 2017年上半期所感

2017年の上半期が終わったので、所感を書いてみたい。

この6か月間は、「人に気を遣わないこと」、「強い自分自身を取り戻すこと」を常に念頭に置いて過ごしてきた。様々な試みのなかで、うまくいったこともあればうまくいかなかったこともあった。

 

うまくいったことは、以前よりも自分自身の感情を素直に表出し、自分の感じるままに生きることができるようになったことだ。自分の気持ちを押し殺して他人に合わせることが少なくなった。その一つの成果として、多少間隔に開きはあるにしろ、このブログを続けられたことがある。

 

うまくいかなかったことは、自分自身の身体的な土台作りだ。ヨガやスパ、ウォーキングや8時間睡眠などの体のケアは、やってみたけど続かないことが多かった。仕事で他人に振り回されて、体のケアに使う気力や体力が削られてしまったことが気に食わない原因として心に浮かんでくる。

 

まーちゃん(妻)を大事にすることは、ある程度できていた。具体的には、仕事に時間を使うか、まーちゃん(妻)との約束や、まーちゃんが喜ぶこと、まーちゃんがしたいことに時間を使うか、の二択を迫られた際に、後者を選択することが多かったように思う。自分にとっての精神的な土台であり、生活を一緒に作り上げるパートナーでもある。それに、この選択によって自分自身が幸せだと感じられる時間を創ることができていたので、きっと正しい選択だったのだと思う。

 

いま気がかりなのは、自分を振り返る時間を十分に持てていないことだ。人間の活動は、脳がフルに働いて情報を処理している時間と、脳が自動操縦状態で情報を処理している時間との2種類に分けられるだろう。ここ2週間ほどは、脳はストレス感情の解消に追われており、日々の生活は自動操縦でなんとか乗り切っているような感じがする。土日や一日の朝に立てた予定や計画に則って過ごすことができず、さらに、予定や計画を把握しながら過ごすこともできていない、いっぱいいっぱいの状態が続いている。

 

「働きだしたらいつのまにか数年経っていた」というのはおそらく、脳を自動操縦状態のまま放置していたことを意味しているのだろう。脳の自動操縦機能は人間に備わった有効なものではあるが、それは片側の車輪だけで進もうとするのに等しい。もう片側の車輪は、向かう先はどこなのか、その場所へどのようにして向かうのかを定める青写真を描くことである。目的地が明確なら、脳は必ずその場所まで辿り着く経路を算出できる。これが脳のナビゲーション機能である。ナビゲーション機能を使わずに自動操縦機能だけを働かせ続けることは、古い道路地図と、古い交通ルールをインプットしてカーナビを使い続けることに等しい。最近の自分はそんな状態が続いているような感じがするので、どうも気持ち悪い。

 

20代も残り少ない。次の下半期は意識的にナビゲーション機能を用いることを目標にしよう。そして、それを可能とするために、気力と体力を万全にすることをあらためて心がけよう。