東北生まれの冷え性金融マン・フミコの日常

クローン病をもつ新社会人のブログです。健康のこと、仕事のこと、家庭のこと、キャリアのこと、なんでも思ったことを書いてます。

3/26 衰退期の開始;私は次元を変えて進み続ける

手帳の予定に書いていた通り、週末から衰退期が始まった。衰退期とは、8週間に一度の点滴治療の効果が切れ始めてから次の通院までの間、体調が優れず気分も落ち込んでしまう期間のことである。とくに、土日は寒い日が続いたために落ち幅が大きかった。やるべき課題ができておらず、気持ちが焦って食事に気を使わなかったことも影響した。現時点で、腹も痛いし体もだるい。

 

先日、話題の『鬼速PDCA』を買い、今日読み終わった。さっそく目標を立てねばと思ったものの、PDCAの設定は思考に多くのエネルギーを消費するため、いまは難しい。

 

考えを変えて、この時期にできることをすることにした。それは、本を読むことである。戦力期(調子がいい時期)はとにかく働くことに夢中で、読む本も仕事に関連のある本ばかりであった。衰退期は、自分が元気であるうちは読まないような、社会や歴史に関する本や、趣味のSF小説を読もうと思う。衰退期は意識的に早く帰り、自宅のソファに腰掛けて、ひたすら本を読もう。いま読み始めたのは、アセモグルの『国家はなぜ衰退するのか』である。読まねばとずっと思っていたものが、ようやく読める。

 

このような本は、Twitterの経済学者勢や日経新聞の読書欄、大学生協のサイトなどに紹介されているだろうから、戦力期のうちに気になる本をメモしておき、衰退期に入る直前に書店で大量に購入することにしよう。

 

衰退期の間は疲労感やだるさ、ネガティブな感情によって精力的な活動ができず、悔しい思いやみじめな気持ちを持つことが多かった。だが、以上のように自らのリズムに合わせて日々の過ごし方を変えれば、このような悲しみや焦りを持つこともない。見た目には動かず座っているだけに見えようとも、頭の中では進み続けている。このことに誇りをもって、これから先の生き方に取り入れようと思う。