東北生まれの冷え性金融マン・フミコの日常

クローン病をもつ新社会人のブログです。健康のこと、仕事のこと、家庭のこと、キャリアのこと、なんでも思ったことを書いてます。

3/19 謙譲の精神―MATTHEW 7

 マタイによる福音書 第7章

Judge not, that you be not judged.

2 For with what judgement you judge, you will be judged; and with the measure you use, it will be measured back to you.

人をさばくな。自分がさばかれないためである。

2 あなたがさばくそのさばきで、自分もさばかれ、あなたの量るそのはかりで、自分にも量り与えられるであろう。

私は自分のうちに変化をもたらそうとして苦しんでいる。そのために、これまでの自分自身を脱ぎ捨てて、新たな自分の判断基準や信念を丸呑みし、よく咀嚼しながら自分の血肉にしようとしている。愚かにも、その新たな尺度を自分自身に対してだけではなく、関係のない他者にまで振りかざしてしまったのだとしたら、まずはその剣を下ろさねばならない。芯の通った正しさや強さは、時に人を傷付ける。正しさや強さに耐えうる者のみに対して、適切なタイミングでのみ、試練は与えられるべきであり、それを決めるのは人間の身である私ではない。他者の不義理に怒ったとしても、それは簡潔に伝えるだけでいい。自分の怒りを許し、相手の不義理も許そう。そして、他山の石としよう。

 

6 Do not give what is holy to the dogs; nor cast your pearls before swine, lest they trample them under their feet, and turn and tear you in pieces.

6 聖なるものを犬にやるな。また真珠を豚に投げてやるな。おそらく彼らはそれらを足で踏みつけ、向きなおってあなたにかみついてくるであろう。

私自身が呑み込んだ判断基準や信念、人生に関する新たな智は、おいそれと他者に与える必要はない。なによりも、求めていない者に対しては。正しさや強さと同様、与えられる資質と時機が存在する。それを満たさないのであれば、忠告は聞き入れられないし、そればかりか逆にかみついてくる輩もいる。私の信じる正しさを受け入れまいとし、そもそもその存在に感づかない者はその自由意志を尊重し、沈黙を守ることで認めよ。驕り昂ぶるな、最期まで正しさはわからないのだから。

 

7 Ask, and it will be given to you; seek, and you will find; knock, and it will be opened to you.

7 求めよ、そうすれば、与えられるだろう。捜せ、そうすれば、見いだすであろう。門をたたけ、そうすれば、あけてもらえるであろう。

常々求めていることは、人生全体に渡って正しい信念を持ち、対等に話し合うことができ、共感を分かち合うことができる同志である。また、未来に対する確信を持った希望と、具体的な計画の立案と実行である。諦めることなく、ひたすら求め続けよう。そして、自らの方向感覚と信念とを捨ててしまわず、信じ続けよう。

 

12 therefore, whatever you want men to do to you, do also to them, for this is the Law and Prophets.

12 だから、何事でも人々からしてほしいと望むことは、人々にもそのとおりにせよ。これが律法であり預言者である。

してほしいと望むことは、互いへの愛情と尊重に満ちた関係であり、奪うのではなく適切に与えることである。私も自分自身の傲慢さを捨てて、自由意志を持つ一人の人間として相手の存在を認めよう。人間としての相手に与えられうる最大限の尊重を示し、他者に対して分をわきまえて、自己の領分に踏みとどまる自律と謙譲の精神を養おう。