読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

東北生まれの冷え性金融マン・フミコの日常

クローン病をもつ新社会人のブログです。健康のこと、仕事のこと、家庭のこと、キャリアのこと、なんでも思ったことを書いてます。

2/27 「とりあえず3年」ではなく「最初の10年賭けるべき場所か」

リンダ・グラットン『ワークシフト』の冒頭を読んだ。

最初の分析は2010年代と1990年の一日の働き方の比較である。要点は以下の通り。

・テクノロジーの進歩により、いつでもどこでも誰とでもつながることができる時代になった。

・それに伴い、仕事は自分の時間の自由さを奪い、時間はより細切れになっていく。

・時間が細切れになることは、自分の能力や技能の専門性・熟練度を高めることを難しくする。(例:「1万時間仮説;一定の技能を得るためには1万時間費やすことが必要である」)

・専門技能を身に付けなければ、労働市場における自分の価値のステップアップ(=第1のワークシフト)を図ることができない。

 

まずは分析に関する感想。妥当かつ私にとって理想的な分析である。

比較の根拠は著者の主観、インタビュー等であり、定量的な調査に慣れている者には物足りないかもしれない。だが、マクロ社会レベルの定量的な分析は、調査設計の基となる理論仮説と測定方法が広く社会インフラとして整備されている必要があり、知見に最初から限界がある。

かつ、定性的な分析あるいは解釈(今回で言えば、「1990年当時に比べ、コミュニケーションにおけるテクノロジーの進歩によって、1つ1つの仕事に向けられる時間が細切れとなることで専門技能の向上を図ることが難しくなる」)は、人間の感性によって捉えることができる、生活全体の変容に対する気付きに基づくが、これは最初から定量的な枠組みで分析をしようとすると一生辿り着かない知見である。

 

このような、現時点では当たり前になりすぎていて誰も気に留めない変化を、過去との比較によって明らかにする分析は、社会学が得意とするものであり、私が好きなものだ。

 

次に、自分のキャリアに対するインプリケーション(=日常に還元できる知見)。

私のキャリア観の前提として、私は退職するまでに3つか4つの専門性を獲得し、その組み合わせの独自性によって市場価値向上を図る(=キャリアの三角性、これはどこかでまた書くかもしれない)。

『ワークシフト』の予言通り、これからの時代ますます専門技能を高めることが難しくなるのであれば、なおさら意識的に自らの専門性を自覚して働く必要がある。

その専門技能を身に付けるためには、目安として10年間1つの分野に取り組む必要がある(ただし、漫然とおなじ会社で働くことを意味しない。これは『グリット』にも類似の記述がある)。

 

では、その最初の10年間をどの分野において過ごすべきか?私の意見では、20代に課されている問いはこれである。

暫定的にこう考えよう。

今の会社(業界、分野)は1つ目の専門性として10年間を賭けるにふさわしいところか?最初の会社か、次の会社か、次の次の会社か、いずれにしろ20代の終わりまでに、最初の10年間の居場所となる分野に入り込むべきである。

 

思うに、「とりあえず3年」は、日系企業の人事部と多くのおっさんにとって理解可能な言語である。20代のビジネスマンにとって、より妥当な基準は、「最初の10年間を賭けるべき場所か?」ではないだろうか。

 

*補足

2つ目、3つ目の専門性の候補となる分野にも、入らないにしろ親しくなっておく必要がある。これはドラッカー『プロフェッショナルの条件』に類似の記述がある。