読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

東北生まれの冷え性金融マン・フミコの日常

クローン病をもつ新社会人のブログです。健康のこと、仕事のこと、家庭のこと、キャリアのこと、なんでも思ったことを書いてます。

2/12 150%の力で取り組むことと完璧を目指さないこと

久しぶりの投稿。

普段は会社から帰って晩ご飯を食べて21時過ぎには眠り、朝は6時頃に起きて会社に行く生活をしているため、なかなか文章を書くことができていない。

とはいえ文章を書く訓練と日々の足跡を残すため、時間と気力がある時は少しでも書き留めたい。

 

先週、私が尊敬している会社の先輩に言われたことは、「150%の力で仕事をすること」と、それでありながら「完璧を目指さない」、ということだった。

150%の力で取り組むというのは、何も永遠に残業するのということではなく、一つの仕事をこなす時に、最低限の力で乗り越えようとせずに、その仕事に関わるなにもかもを吞み込もうとする姿勢のことである。

 

先輩が例として言っていたのは、たとえばExcelのデータ管理を任されたなら(これ自体はたいしたことない仕事だが)、Excelの関数を全部覚えてしまおうと思って取り組む、ということだった。

必要以上の気合と労力で、仕事に関連するなにもかもを呑み込んでやろうという気概。そのような気概を持っている奴は周りに推薦されて、本社部門であったり上に行く、とのことだった。

 

おそらくこの言い方に違和感を持つ人もいるだろうなと思う。それは、「人生における仕事をどう捉えるか」についての前提を異にする場合である。これ自体、一つの大きな論点だと思う。ここでは簡単に、私の今の意見を述べておく。

仕事は人生の唯一の目的ではないが、かといって「パンのために働く」ような、生存のために不可避の苦痛、というだけでもない。それは個人と社会とをつなぐ経路の一つであり、自らの目的を達成するための有効な手段の一つであり、人生に多くの可能性や機会をもたらす営みの一つである。

 

さて、先輩が付け加えて言ったことは、150%の力を注ぎながら、だが決して完璧を目指さないことである。完璧という理想に耐えうる体力がないのであれば、どんなに頭が良くても完璧を目指すうちに潰れてしまう、ということだった。

 

確かに、人生は長い長いマラソンだ。短期的にすごい速度で進んでもそのあと息切れするのであれば、一定のペースで走り続ける人に抜かれてしまう。

しかも人生はきっと、目指す方向がみんなバラバラのマラソンである。さらに、通常のマラソンコースと違ってアップダウンに富み、舗装されていない道もあり、自分の落ち度がないことで邪魔が入ることもある、不公平さと不確実性に満ちたマラソンである。

 

それでも生き続けることができるのは、遠くにある自分の理想に向かって、毎日一歩一歩進んでいるという実感が楽しいからに違いない。毎日何が起こるかわからないし、思うままにならないことも多いが、だからこそ生きてるという実感を得ることができる。なにもかも思い通りの人生なら、勝ちが確定したゲームを続けるのと同じくらいつまらないだろう。

 

自分の時間やお金の使い方、日々の行動や働く場所など、思いのほか自由にできることも多い。その取捨選択や投資配分を工夫しながら、今日もまた挑戦してみる。人生はもっともっと楽しむことができる。そう思っている。