東北生まれの冷え性金融マン・フミコの日常

クローン病をもつ新社会人のブログです。健康のこと、仕事のこと、家庭のこと、キャリアのこと、なんでも思ったことを書いてます。

1/25 今日の予定と2ヶ月後の予定

水曜ともなると疲労が溜まるな・・

土日休めなかったからだろうか。

 

今日は部署の先輩の仕事を急遽手伝った(結婚式を開いた人とは別)。

その先輩は投資銀行系の部署にいて、M&A案件に数多く携わっていた人だ。

 

その人から「お前この部署にいてただ言われた仕事だけやってたら伸びないぞ」と言われた。ジュニアなら20代のうちにデータベースに習熟すること(SPEEDAや日経NEEDS等)、法人客への個別提案書(私はまだ作ったことない)にDCF法による企業価値の試算を載せてみること、統計分析をやること等勧められた。

 

嬉しい一方で、できるかな、自分・・・と思い悩んで、まーちゃん(妻)に相談してみた。

まーちゃん(妻)は、「今日と2ヶ月後の予定を考える経営者の話」を教えてくれた。

ある経営者は、朝起きたらまず今日1日の予定を考えるらしい。起きて、何時にどこで何をして、云々。

次に、2ヶ月後の自分を想像する。その経営者いわく、1ヶ月では何もできないが、3ヶ月かけるのは遅い。2ヶ月間あれば何かを達成することができる、と考えているらしい。だから、2ヶ月後にはこれができるようになってるぞ!と考えて行動を決める。この、今日の予定と2ヶ月後の予定の両方を考えるのがポイントなのだとのこと。

 

まーちゃん(妻)からのアドバイスは、2ヶ月後ごとにどこまでできるようになっていたいかを区切って、半年スパンくらいで目標達成を目指すべきだということだ。

また、私だったら1日やってみたらできるようになるよ、とも言われた。

 

そうか、これは昨日の細切れ時間とまとまった時間の話で言えば、どこか土日にまとまった時間を確保して、1日取り組んでみればいいのか。

今日明日の短期間に、細切れ時間でなんとかしようとするのではなく、中期的な視野でまとまった時間をいくつか確保して進んでいけばいい。こう考えたらなんだかできそうな気がしてきたのだった。

 

私はつい「すぐにできるようにならなきゃオワリだ」なんて、思い詰めてしまうところがあったのだが、考えを変えることができた。確かに、中期的にはできなきゃいけないことではあるが、今日は今日でしっかり鼻注の準備をして、睡眠時間を確保して、体を温めなければいけないのだ。それも仕事のうち。

 

先輩から受けた助言はそれとして保留しておいて、休日に時間をとって、自分の中期的な勉強計画のなかに組み入れることにしよう。今日はもうこれで悩むのはおしまい。

 

あと2日、寒さに負けず乗り切るぞ!