東北生まれの冷え性金融マン・フミコの日常

クローン病をもつ新社会人のブログです。健康のこと、仕事のこと、家庭のこと、キャリアのこと、なんでも思ったことを書いてます。

1/22 子育ての成果は子育ての前の準備が決める

今日のまーちゃん(妻)の気付き。

 

自分の目指す姿に近づくよりよい仕事に就くためには、その仕事に就くための準備期間が必要である。そして、その準備期間は子育ての期間と両立しうる。

 

フミコによる補足
①仕事は、(雇われ仕事であるならば)相手に命令され、相手の期限を設定され、相手とのコミュニケーションが必要となる。

 

②仕事のための準備は、自分自身が内容と期限を決めるものであり、他人に影響されすぎることを防ぐために引きこもることを必要とするものであり、深い思考と感覚の掘り下げが必要となるために短期間で一気に達成できるものではなく毎日少しずつ進めるべきものである。

 

以上①と②より、子育てと仕事を両立することよりも、子育てと仕事のための準備期間の方が、より両立しやすいと考えられる。

 

明確である。

 

加えて、まーちゃん(妻)は母校の大学院博士課程進学の準備をしているが、その理由の1つは、子供が生まれた際、その大学院は育児のための社会的資源が多い場所だからである。

 

仕事は、いざ始めてからやみくもに取り組むと非効率的なやり方になる。仕事の前の準備や計画が大事だとよく言われる。
そうであれば、子育てとキャリアの両立についても、いざ始まってからどう両立するかを考え始めるよりも、始める前に両立のための準備や計画をすることが大事だと思っても不思議ではない。

 

もっとも、始める前からすべてを見通すことは難しい。
何事にもきっちりと決める部分と決めないでおく部分(バッファ)がある。
まーちゃん(妻)が決めている部分は、大学院博士課程に進学する準備をすることである。
決めていない部分、幅をもたせている部分は妊娠が確定する期間、妊娠後の生活の変動幅である。

 

ここまで書いてみたがなるほど、それでは私自身も妊娠期間〜子育てに対する準備と計画が必要であるようだ。
考えておかなければ。。。