東北生まれの冷え性金融マン・フミコの日常

クローン病をもつ社会人のブログです。健康のこと、仕事のこと、家庭のこと、キャリアのこと、なんでも思ったことを書いてます。

1/20 悲観的なキャリア指針

今日後輩に話したときになるほどそういう考え方があるのかみたいな反応をされたので文章化する。僕は経営学専攻ではないのでプロダクトライフサイクル仮説は概要しか知らないのだが、(だから元ネタにこう書いてあるかは知らないのだが)この概念が示唆する…

1/20 初ジム

うちの会社はコナミスポーツクラブと法人契約していて、僕と家族は1回300円でジムを利用することができる。今日さっそくジムに行ってきた。人生初ジムである。トレーニングルームは土曜の夕方だというのに盛況で、幅広い年齢層の男女が各々筋トレや有酸素運…

1/14 次の動き方

新しい職場に移ってから暦で10日経過した。環境の変化に適応する必要があり、気持ちが落ち着くことなく、仕事でもプライベートでも時間があっという間に過ぎていく感覚がある。この環境の変化自体は自ら望んだものだから基本的には歓迎なのだが、同時に環境…

1/2 1年前の記事について

1年前にこんな記事を書いた。 fumiacrohn.hatenablog.com この中で僕は以下のように述べた。 私の弟2人は高卒で働いている。私は大学を出る方が人生の選択肢が広がると考えている。では、弟2人の人生は大学を出なかった時点で失敗なのか。私は今後一生、弟の…

12/11 幸福と成功は別のものだという話

今日は18時頃からふらっと散歩に出かけた。コレド日本橋の向かいにあるカフェで数時間勉強した後、気晴らしに足を動かそうと思ったのだ。ウェルシアのある交差点から八重洲側に歩いて中国交通銀行の角で横断歩道を渡って、ナチュラルローソンの脇を通り街灯…

12/9 来年から別のところで働きます

久々の更新となります。実はずっと転職活動をしておりまして、先日ようやく納得のいく内定先を獲得しました。そこで、転職の経緯や転職活動のなかで考えたこと、新しい職場に移る前の現時点で想定していることなどを文章にまとめてみたいと思います。 ・退職…

10/28 休職日記②また、前向きに

最近は、週一回心療内科に通いながら、転職活動をしたり、Rを独学で勉強したりしている。休職によって、妻と一緒にいる時間が増えたことは望ましいことだ。その一方で、僕の転職活動の難しさも感じながら、一進一退している。 ある転職支援エージェント会社…

10/21 休職日記①疲れながら働いていた時に、読んでいた一節

疲弊しながら働いていた時期、よく読んでいたのはビクトール・フランクルの著書の下記の文章だった。 三 労働の意味 既述の如く、生命の意味は単に問われるべきものではなくて、われわれが生命に責任をもって答えるという意味で、答えられるべきものである。…

7/2 2017年上半期所感

2017年の上半期が終わったので、所感を書いてみたい。 この6か月間は、「人に気を遣わないこと」、「強い自分自身を取り戻すこと」を常に念頭に置いて過ごしてきた。様々な試みのなかで、うまくいったこともあればうまくいかなかったこともあった。 うまくい…

7/1 秋田県の地域区分②金太郎飴はどこを切っても金太郎飴

(※今日はオチがないよ) 今日は昨日の続きで、地域振興局の区分に基づいた地域ごとに、人口がどうなるのかを整理してみた。 fumiacrohn.hatenablog.com 国立社会保障・人口問題研究所が2013年3月に、日本の各市町村ごとの人口推計を公表している。今日はこ…

6/28 秋田県の地域区分①

仕事で秋田県の地域区分毎の人口推移をグラフ化することとなり、あらためて秋田県の地域区分ってどんなだっけ?と考える機会があった。 (※2017年6月28日現在の秋田県内の市町村は全部で25市町村である) ネットで調べたところ、めぼしいものが2種類見つかっ…

5/29 精神性の力

今日はまだ月曜だというのに、身体のあちこちがバキバキで、自宅に帰ってぬるま湯の風呂につかりながら、主に首や肩を中心にひたすらひねってみたりしていた。そのあいだ、お気に入りの音楽(Civilization4のサウンドトラック)をかけて、クラシック音楽の中に…

5/27 自己啓発本の意訳①

未来を考えると気分が落ち込んでしまうので、今読んでる自己啓発本のまとめ部分の意訳でも載せよう。 1.Your built-in Success Mechanism must have a goal or "target". This goal, or target, must be conceived of as "already in existence-now" either …

5/8 眠れないゴムボール

今日は帰宅してすぐ寝たのだが、そんな日に限って深夜に目が覚めてしまう。そして、それは物思いにふける絶好の機会になってしまうのだ。 ふと思った。今この瞬間は「生きたい」と「しにたい」がちょうど半々くらいで、いいバランスを保っているな、と。 「…

5/2 元気な時に種を蒔いておくこと

最近は調子が出てきた。体調もまずまずいい(昨日は午前中に腹痛を感じたけれど)し、意欲もないなりにある。わりと気持ちの余裕を持って会社にいることもできるようになってきた。逆に、油断してミスをしやすいとも言える。 いまはM&Aの前捌きをする部署に…

4/23 生活の記録

今週は水曜日の退院明けに会社に復帰した。3日しか働いていないのだが、密度が濃く長く感じた週だった。退院前に決めたように、食事制限を厳しくしない、ということを念頭に置いて過ごした。水曜日・木曜日のランチは、前もってチェックしておいた会社近くの…

4/18 生きる喜びの再確認

体調を崩して1週間ほど入院していた。入院してみて、自分ってなんで食事制限をしてまで頑張ろうとしていたのかな、とあらためて振り返った。食べたいものを我慢して、時間を有効に使おうとして、自分の価値を高めようと努力し続ける。それってなんのためにし…

4/15 入院中のチラシの裏

妻がゼミで先生から薦められたという、千葉雅也著『勉強の哲学 来るべきバカのために』を読んでいた。アイロニーの過剰による「超コード化による脱コード化」とユーモアの過剰による「コード変換による脱コード化」の比較(98頁)まで読んでなんだか読み進め…

4/13 変化の予感と本日の備忘録

なんとも表現しにくいが、なんだか私の周りで変化が生じている感じがする。直感的な違和感がある。今はまだその意味をうまく捉えることができないし、もしかしたら本質的な変化ではないことを過大に捉えているのかもしれない。いずれにしろ、後から振り返っ…

4/9 家庭内組織体制変更のお知らせ

○変更内容 我が家は昨年7月以来、共同経営者制を持って家庭を運営してきましたが、本日付でリーダー・フォロワーの組織体制で運営することを決めました。リーダーは夫・フミコ、フォロワーは妻・まーちゃんが担うことになります。 ○変更により生じる違い 共…

3/26 衰退期の開始;私は次元を変えて進み続ける

手帳の予定に書いていた通り、週末から衰退期が始まった。衰退期とは、8週間に一度の点滴治療の効果が切れ始めてから次の通院までの間、体調が優れず気分も落ち込んでしまう期間のことである。とくに、土日は寒い日が続いたために落ち幅が大きかった。やるべ…

3/19 謙譲の精神―MATTHEW 7

マタイによる福音書 第7章 Judge not, that you be not judged. 2 For with what judgement you judge, you will be judged; and with the measure you use, it will be measured back to you. 人をさばくな。自分がさばかれないためである。 2 あなたがさ…

3/17 中庸の精神

最近は気持ちが荒んでいた。 自分が他人に対して持っていた期待が失望へ変わり、一時的に人生の方向を見失ってしまっていたからかもしれない。 だが、これは自分自身が大きく変化しようとしている予兆なのだと考えるようになった。 人間が変わることは、まず…

3/13 妻との約束

今日はまーちゃん(妻)と将来について話し合った。今の環境はベストではないので、ゆくゆくはより望ましい環境に移行することを決めた。下記2点が合意事項である。 ・東京は寒くて、私の体と病気に悪い。もっと暖かい気候の地域に移動しよう。 ・雇われ仕事…

3/12 人付き合いのルール変更について

先日まーちゃん(妻)の親友とその彼氏と会った時に、今度会って話したいねという話をした。その後、お互いに連絡を取ることがなかったが、思い立って連絡をしたいとまーちゃん(妻)に伝えた。まーちゃん(妻)は私のLINEアカウントを、親友を通して彼に伝…

3/11 体のリズムとこの2ヶ月の過ごし方についての覚え書き

私はある特定のリズムで体調の悪化と回復を繰り返す。そのことを、これまではあまり意識せずに暮らしてきたが、今後継続して取り組む目標ができたので、意識し、かつ計画に組み込むことにした。 ある特定のリズムとは、8週間おきに通院して点滴を受けること…

3/9 確信に満ちた希望

今日はまーちゃん(妻)と、妻の弟君と一緒に外食をしてきた。弟君は大学3年生、私大の体育会系の部活に入っている。南国風の、おおらかで他人想いの性格の人だ。彼も例に漏れず就活の時期で、志望業界をほとんど一つに絞って業界研究している。あと3ヶ月で…

3/5 自分の専門性を決める

『ワーク・シフト』を熟読した。 その中にある「第一のシフト」は、自分自身の専門分野を複数決めて、その知識と経験を磨き、組み合わせることによって、自分の独自な価値を確立することを意味する。専門分野を決める時に大事なことは、未来の世界を想像し、…

2/27 「とりあえず3年」ではなく「最初の10年賭けるべき場所か」

リンダ・グラットン『ワークシフト』の冒頭を読んだ。 最初の分析は2010年代と1990年の一日の働き方の比較である。要点は以下の通り。 ・テクノロジーの進歩により、いつでもどこでも誰とでもつながることができる時代になった。 ・それに伴い、仕事は自分の…

2/13 精神に遊びの部分を取り入れること

私は見ての通り昔から真面目な人間だったのだが、真面目さのあまり自分のことを追い詰めがちなところがある。 もともと、そんなに頭が早く回らない上に、人に比べて体力がないので、自分が決めた規律に神経が悲鳴を上げてしまうのだ。 それでも前へ、前へ、…